健康的な生活を送るためには

健康意識の普及活動

健康日本21の運動は、健康寿命をのばしていくために個人が積極的に生活習慣の改善に取り組める環境を整えていくことを目指してきているものです。生活習慣病の代表として知られる高血圧や高脂血症、糖尿病や肥満といったものを含め、歯周病や循環器系の疾患、そして癌といった多様な疾患が世の中に知られています。そういった疾患の原因が生活習慣に根ざしていることがわかってきたことを受けて、その認識を国民に広めるための普及活動が行われてきているのです。国が主導して行っている健康日本21の直接的な活動は、国民が認識していない場合もあります。しかし、国の指導を受けて都道府県や市町村が取り組んできている取り組みについては、誰もが認識するようになってきているのです。国民の健康に対する意識が高まってきている様子は、雑誌やテレビ番組などにも健康を題材とした内容が多く取り上げられるようになったことからも明らかでしょう。しかし、健康に対して興味を持つ人が増えた一方で、手に入れた情報を生かして実際に実践し、生活習慣病の予防を行っている人は徐々に増えてきているという程度なのが現状です。興味を持つことと実践することとは、必ずしも直結するとは限りません。特に、自覚症状がない疾患が多いことから、自分は大丈夫だと信じてしまっている人が多い状況があります。そういった人たちが改めて自分の健康を見直し、将来に向けて健康寿命をのばすための努力をしていくようになることが次の課題となっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です