健康的な生活を送るためには

タバコの恩恵と兼ね合い

健康日本21が打ち出されたことにより、国民の多くが健康に対して敏感になってきました。生活習慣を改善していくことにより、高血圧・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病を予防し、それに付随して起こるさまざまな疾患から自分の身を守るということが重要視されるようになってきているのです。健康に害のある生活習慣として、喫煙は頻繁に取り上げられます。喫煙習慣のない人からは、毛嫌いされる状況があるのが事実です。攻撃的な人になると、タバコを世の中から排斥するということを唱える場合すらあります。しかし、世の中には愛煙者もいるものであり、タバコを生産する産業も存在していることを考慮しなければならないでしょう。健康に良くないとされていても、一時的なストレスの軽減に役立ったり、集中力を高めたりするのにタバコが必要とされているのは事実です。産業としても重要な立場にあり、国の税収を考えてもなかなかなくすことができないものであるということを受け入れるのは必要でしょう。若い世代に向かって徐々に喫煙者が減り、タバコを嫌う人が増える傾向にあることから、将来的にはタバコ産業は縮小を余儀なくされていくことは否めません。そういった経過を見ていき、長い目でタバコとの付き合い方を見ていくことが大切です。健康日本21の考え方に則り、まずは自分が喫煙をやめるのも必要といえます。周囲の喫煙者に禁煙を促すということから始め、それが世の中に広がっていくことを期待するのが穏便な考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です